初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

利用負担金について

利用する方々へ


目次

情報メディア教育部門では各種サービスの利用に関わる経費として,各部局(学部,研究科,センター等)に利用負担金を負担していただいています.サービスごとの利用負担金は以下のようになっています.

教育用計算機システム

教育用計算機システムの利用負担金は,教職員一人あたり年額2,000円で積算した金額を部局に請求します.

2016年度より以下の点が変更されます.

名誉教授について

講習会用アカウント

1アカウントにつき1,000円を当該年度に負担していただきます.


部局負担による設置

携帯端末(ノートPC)などの利用 に書かれている「部局負担による有線LANサービス」の利用負担金は以下のようになっています.

  1. 各組織ごとのポート数を20を1口として総計しnとします.(20未満は切り上げます).
  2. 標準設定の時は下表の金額とします.
  3. 標準設定から変更する等の特別設定が必要な場合は,3倍の金額とします.
  4. 同じ組織で標準設定の利用と,特別設定の利用が混在している場合は別々に計算した合計金額とします.
  5. 管理に関する窓口が一本化している組織(例: 法科大学院,公共政策大学院)については,支払いが別でもまとめた台数をもとに金額を計算し,請求は別にします.
  6. 当該年度の設置口数に基づいて請求します.

台数(n)金額(万円/年)
1-51+0.5*(n-1)
6-3+0.3*(n-5)

無線LANについては,AP提供サービスを提供しています.詳しくはリンク先の「利用負担金」をご覧ください.


認証情報提供サービス

部局が運用する情報システムにおいて,ECCS のユーザ名及びパスワードを使った認証を行うために,認証情報を提供するサービスを行っています.認証情報の利用形態に応じた利用負担金を部局に請求します.下記の表をご参照下さい.

サービス種類金額備考
認証情報の毎日転送30万円/年ECCSから部局の情報システムに対して LDIF 形式等で認証情報を提供
端末からの認証利用 (ECCS内) 1.5万円/年/台ECCS有線LANネットワーク内に部局が設置する端末から,ECCSの認証サーバへ接続
サーバからの認証利用 (ECCS内) 3万円/年/台ECCS有線LANネットワーク内に部局が設置するサーバから,ECCSの認証サーバへ接続
端末からの認証利用 (ECCS外) 3万円/年/台ECCS有線LANネットワーク以外の UTNET 内に部局が設置する端末から,ECCSの認証サーバへ接続
サーバからの認証利用 (ECCS外) 6万円/年/台ECCS有線LANネットワーク以外の UTNET 内に部局が設置するサーバから,ECCSの認証サーバへ接続


学内組織向けメールサーバ

教育用計算機システムの利用負担金とは別に各部局に請求します.詳しくは, 学内組織向けメールサーバの利用負担金 (mh.itc.u-tokyo.ac.jp) についてをご覧ください.

WEB PARKサービス

教育用計算機システムの利用負担金とは別に各部局に請求します.詳しくは,利用負担金 (webpark1750.sakura.ne.jp)の項目をご覧下さい.

DNSホスティングサービス

教育用計算機システムの利用負担金とは別に各部局に請求します.詳しくは,利用負担金 (dh.ecc.u-tokyo.ac.jp) の項目をご覧下さい.


大判プリンタの利用

教育用計算機システムの利用負担金とは別に各部局に請求します.詳しくは,教材作成室・教材編集室/大判プリンタの利用 (elearn.itc.u-tokyo.ac.jp)の「大判プリンタの利用負担金」の項目をご覧下さい.