初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

メール

教育用計算機システムについて



ECCS クラウドメール

教育用計算機システム (ECCS) のアカウントを有する全ての教職員及び学生に提供するクラウドメールサービスとして,2016年4月から ECCSクラウドメール の運用を開始しました.概要については「ECCSクラウドメールサービスのご案内」を,簡単な使い方については「ECCSクラウドメール利用方法」をご覧ください.

ECCS 教職員メール

ECCS 利用権を持つ教職員は,本学内に設置されたメールサーバを用いたメールシステムである ECCS 教職員メールもECCS クラウドメールに加えて利用可能です.

メールアドレスの @ の後は mail.ecc.u-tokyo.ac.jp ,@より前は新規アカウント申請時に設定したユーザ名です.

なお,2015年度以前から ECCS を利用していた学生のメールデータは,2016年8月2日に削除しました. 以前のメールアドレス(共通ID@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp)宛のメールは,2016年度末までECCSクラウドメール(@g.ecc.u-tokyo.ac.jp)に転送する予定です.

メーラの設定

Apple Mail や MS Outlookなどのメーラ(メールクライアント)で ECCS教職員メールをお読みの方は,表1のように設定してください.

表1: メーラの設定
設定項目
受信メールサーバ(POP)mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
TLSを使う.ポート番号は995番.
受信メールサーバ(IMAP)mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
TLSを使う.ポート番号は993番.
送信メールサーバmail.ecc.u-tokyo.ac.jp
TLSを使う.ポート番号は465番.認証付きとする.ユーザ名とパスワードは下記の通り.
ユーザ名????????@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp
ECCS 教職員メールのメールアドレス
パスワードECCS アカウント (UTokyo Account もしくは ECCS 限定アカウント) のパスワード

特に理由のない限りは,IMAPとして設定して下さい.IMAPではメールサーバ上にメールを残し,フォルダによるメールの整理などもサーバ上で行います.従って,教育用計算機システムの端末であっても自宅のPCであっても,同じようにメールを見ることができます.


各種メールクライアントの設定例


MailSuite (Web Mail)

メーラの設定が困難な場合や,特殊な環境でメーラの設定ができない場合のために,教育用計算機システムでは,Web ブラウザからアクセスすることでメールを読むことができる Web Mail のシステムである MailSuiteを提供しています.URLはhttps://ms.ecc.u-tokyo.ac.jp/です.

上記のURLにアクセスしてログイン画面が表示されたら,ユーザ名に ECCS 教職員のメールのメールアドレスを,パスワードには教育用計算機システムのパスワードを入力して下さい.なお,ログインからログアウトまでのごく簡単な利用マニュアルを作成しましたのでご覧下さい.その他詳細な使い方については,ログイン後オンラインヘルプで確認してください.

なお,以下のWWWブラウザで動作いたします.


転送設定

MailSuiteにて設定を行います.ログイン後,上部メニュー [オプション] を選択,次の画面で "メール転送" をクリックします."メール転送の追加" に転送先メールアドレス等を入力し "追加" ボタンをクリックします。 "自分のアカウントにコピーを置く" (画面右上) には必ずチェックを入れて下さい.チェックを入れない場合,メールは残りません.


その他の情報

メールに関する情報をまとめておきます.