初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

WebDAV 環境

教育用計算機システムについて


ECCS2016では ECCS2012 に引き続きWebDAV環境を使ってシステム外部からのファイルアクセス,またはシステム内(Mac-Windows環境間)※でのファイルアクセスが可能です.

※ECCS2012のホームディレクトリ上のデータは ECCS2016 に移行されています.


システム外部からのアクセス及び端末のMac環境からWindows環境のファイルへのアクセス

ブラウザで以下のURLにアクセスしてください.
Mac環境とWindows 環境でURLが異なります.

アクセス先URL
Mac環境https://davm.ecc.u-tokyo.ac.jp/
Windows環境https://davw.ecc.u-tokyo.ac.jp/

どちらもログインに使うのは ECCS のユーザ名とパスワードです.

詳細な利用方法については,WebDAV環境内のヘルプもしくは利用の手引を参照してください.


端末のWindows環境からMac環境のファイルにアクセス

スタートメニューから「コンピュータ」をクリックしてエクスプローラを開き,Proself Client->Machomeの順にアイコンをダブルクリックします.

ログインウィンドウが表示されるので,ECCSのユーザ名とパスワードを入力して「OK」をクリックしてください.

ログインに成功するとMac環境のホームディレクトリが表示され,以降エクスプローラを使ってファイル操作が行えます.


その他,WebDAV 環境には他者とのファイルのやり取りのための以下の機能があります.

1. Web公開

フォルダやファイルを Web 公開すると,そのフォルダやファイルに対してランダムに生成された URL が割り当てられます. ECCS のアカウントの有無にかかわらず,そのURLにアクセスすることで Web 公開されたファイルをダウンロードすることができます.

Web 公開の設定の際に,公開期限やパスワードを設定することも可能です.

2. 受取フォルダ

フォルダを受取用に公開すると,そのフォルダに対してランダムに生成されたURLが割り当てられます. ECCS のアカウントの有無にかかわらず,そのURLにアクセスすることで,そのフォルダにファイルをアップロードすることができます.

受取フォルダの設定の際に公開期限やパスワードを設定することも可能です.

3. Web 公開 / 受取フォルダのメール認証

Web 公開や受取フォルダの設定時に,利用を許可する相手のメールアドレスの一覧を登録すると,そのメールアドレス宛にワンタイムパスワードを書いたメールが送信されます.

利用時にそのワンタイムパスワードの入力を求めることで, メールを受信可能な相手のみにWeb 公開・受取フォルダの利用を制限できます.