空席状況 | English

iMac 端末 Safari のセキュリティホールについて(緊急)

広報


更新: 2006年02月22日
作成: 2006年02月21日

iMac端末にインストールされている Safari に危険なセキュリティホールが見つかり、 悪意あるWebページへアクセスすると、任意のプログラムを実行される可能性があります。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060221/230140/

Safariの環境設定「ダウンロード後,“安全な”ファイルを開く」にチェックがある場合、 ダウンロードした動画や画像、音声、PDF、テキスト、アーカイブ(圧縮ファイル)等の ファイルを安全とみなし、自動的にそのファイルが実行されます。

現時点では、セキュリティアップデートが公開されていなため、Safari を使用する場合には 以下の設定変更をお願いします。

  1. 「Safari」メニューの「環境設定」から「一般」を選択
  2. 「ダウンロードリスト項目から取り除く」項目にある「ダウンロード後、“安全な”ファイルを開く」のチェックを外す

また、信頼できないサイトへはアクセスしないようにして下さい。なお、ダウンロードしたファイルの扱いについて

 インターネットからダウンロードしたメール添付書類やコンテンツを安全に利用するヒント

に注意事項がありますので、こちらもご覧下さい。