空席状況 | English

ネットニュースサービスの終了について

カテゴリ別一覧


更新: 2007年08月31日
作成: 2007年08月31日

目次


サービス終了の経緯

教育用計算機システムでは10年以上前からネットニュースシステム(NNTPを用いたニュース配送システム)のサービスを行ってきました.このサービスは,教育用計算機システムのユーザに

  1. 講義用ニュースグループによる,講義受講者と教員の情報交換,レポート提出
  2. 大学内ニュースグループの読み書き
  3. 国内ニュースグループ(fj等), 国外ニュースグループ(comp, alt等)の読み書き

等の機能を提供してきたのですが,CFIVE等の代替サービスなどの影響で,この5年間は講義用ニュースグループが全く使われない状態が続いています.また,一般のニュースグループに関しても利用者が皆無に近い状態です.

ECCS2004の運用が丸4年となる2008年3月に,センターは教育用計算機システムを更新しますが,システムを構成するサーバや端末のレンタル費用,ソフトウェアライセンスの料金が高くなる一方で,システムの運用に必要な予算が削減されることとなりました.そこで,利用者が皆無に近いネットニュースサービスを停止して,そのサービスに要するコストを削減し,端末やファイルサービス,メールサービスなど必要不可欠なサービスを維持することと致しました.

なお,教育用計算機システムのニュースサーバは現在,東大内の他の2組織へのニュース配送もおこなっていますが,こちらも同時に停止する予定です.


今後について

センターとして代替サービスをおこなう予定はありません.一般のニュースグループの読み書きには,Google Groups等のWWW上のサービスでおこなうことができるので,そちらをお使いください.