初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

IPv6 Dual なサーバで起こる遅延

FAQ: よくある質問


更新: 2008年06月03日
作成: 2008年06月02日

* 障害との複合による遅延事例です。

上記の条件を満たす場合、まず送信元サーバは送信先サーバに IPv6 アドレスでアクセスしようと試み、それがタイムアウトした 後に IPv4 アドレスでアクセスしようとします。 IPv6 でタイムアウトするまで、約十数秒程度の遅延になります。

ECCSメールサーバ群ではIPv6アドレスを利用していないため、 外部->ECCへのメールでは、この遅延は発生しません。