初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

「ゴミ箱を空にする」でゴミ箱の中身が削除されない場合

FAQ: よくある質問


作成: 2010年06月04日

ゴミ箱(.Trash)にファイルが残っている場合、以下の手順でファイルの削除を行えます。

1.デスクトップ画面下部のDockから"ターミナル"を起動
2.cd .Trashと入力しエンターキーを押下
※コマンドが成功したこと(エラーが出ないこと)を確認して下さい。
3. lsと入力してエンターキーを押下
※ゴミ箱に残っているファイル名一覧が表示されます。
4.rm 削除するファイル名 と入力してエンターキーを押下
※ディレクトリの中身ごと削除する場合はrm -fr ディレクトリ名 と入力します。
※ゴミ箱の中身を全て削除してしまって良い場合はrm -fr * と入力します。
5.lsと入力してエンターキーを押下
※ファイルが削除されているか確認して下さい。