空席状況 | English

iMac 端末上の Safari からの CFIVE の利用について (2010/6/12)

カテゴリ別一覧


更新: 2010年07月30日
作成: 2010年06月13日

2010年7月Safari5.0アップデートに伴い日本語ファイル名のファイル添付が可能になりました。

2010年6月現在,広報「Webブラウザでファイルのアップロード、メールへの添付ができない」でお伝えしているように,iMac 端末上の Safari でファイル名やパス名に日本語を含むファイルのアップロードができません.

特にCFIVEなどのHTTPS でアクセスするサイトでは,アップロードの失敗に利用者が気付き難いことが明らかになっています.そのため,課題の提出などで Safari を利用する多数の学生がファイルのアップロードをほぼ同時に試みることで,CFIVE のシステムが不安定になることがあります.

そこで,2010年6月12日より,iMac 端末上の Safari で CFIVE にアクセスした場合に限り,http://c5eccs.ecc.u-tokyo.ac.jp/というURLに, HTTP でアクセスするよう自動的に切り替える暫定措置を取りました.

利用者の皆様には,ご迷惑やご心配をおかけして申し訳有りませんが,ご了承下さい.


想定されるご質問とその回答を以下に示します.他にもご不明な点が有れば,情報基盤センターCFIVE担当: c5-support [at] mm.itc.u-tokyo.ac.jp 宛に電子メールでご質問下さい.

HTTPでCFIVEにアクセスすることで,パスワードが覗かれるなどのセキュリティ上の問題は無いか?
教育用計算機システムとCFIVEとの間のネットワークは情報基盤センターが全て管理しており,第三者による通信内容の盗聴などのリスクはほとんどありません.
CFIVEに日本語を含むファイルのアップロードが可能になるのか?
引き続き,iMac 端末上の Safari を用いて,パスに日本語を含むファイルをアップロードすることはできません.アップロードを試みると,以下の図に示すエラーが表示されます.