空席状況 | English

迷惑メール隔離時の動作設定変更について

広報


更新: 2010年11月17日
作成: 2010年11月16日

11月8日(月)より迷惑メール隔離を開始しましたが、11月17日(水)よりメール隔離時の動作を以下のように変更しました。

変更前

  1. 迷惑メールと判定され隔離が行われた際に送信元へ「510 Block for SPAM(ECCS, MailHosting D)」「553 Blocked for SPAM(MailHosting M)」を返します
  2. (送信元のメールシステム設定に依存しますが、)一般的に「510 Block for SPAM」「553 Blocked for SPAM」を受け取った送信元はエラー発生として送信者にエラー通知を行います

変更後

  1. 迷惑メールと判定され隔離が行われた際に送信元へ「250 Message received and quarantined(ECCS, MailHosting M, MailHosting D 共通)」を返します
  2. (送信元のメールシステム設定に依存しますが、)一般的に「250 Message received and quarantined」を受け取った送信元は正常終了として送信者には何も通知しません

変更実施日【更新】

2010年11月17日(水) 14:30 〜 15:30 の間に、全ドメインに対して順次設定変更を行いました。

変更理由

今回の動作変更は送信者を詐称したスパムメールを隔離した際に、隔離したことを示すエラー通知が、詐称されてしまったメールアドレス(詐称の被害者)に送られることを回避するために行います。

代わりに送信者側で「メールが隔離されたこと」を検知することは出来なくなりますので、受信者側で迷惑メール隔離リストの対処を定期的に実施していただくようお願いいたします。