空席状況 | English

2012年度継続利用の手続き(学生ユーザ向け)の廃止について

申請に関して


更新: 2012年03月23日
作成: 2012年03月22日

目次

2012年度継続利用の手続き(学生ユーザ向け)の廃止について

2011年度に教育用計算機システムのアカウントを持ち、2012年度も東京大学に籍のある学生ユーザの方は、アカウントを継続して利用することができます。

一般に同じパスワードを長期間使い続けることは、セキュリティの観点から見て望ましくありません。 これまでECCS では新年度初めにセンターがパスワードを変更していましたが、2012年度からはセンターによるパスワード変更は実施しません。代わりに、今後はパスワードに以下の有効期限を設けます。

これより、従来、新年度に情報基盤センターや情報教育棟などで行っていた継続利用の手続き(本人確認の上、新年度用の初期パスワードを記入した通知書を窓口で配付する手続き) は行いません。

その他注意事項

学生ユーザから教職員・研究員ユーザへの変更手続き

2011年度まで学生ユーザで、2012年度から教職員・研究員等になられる方は、書面による申込手続きによって継続して利用することができます。

詳しくは、http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/doc/announce/keizoku.html をご覧下さい。

学生ユーザの休学中のアカウントについて

利用の手引き 学生ユーザの休学中のアカウントについてをご覧下さい。

新規アカウントの発行について

新規に利用を希望する方へのアカウントの発行については新規アカウントの発行についてをご覧下さい。

パスワード変更後にMac環境にログインする際の注意点

パスワード変更後、最初にMac環境にログインした際には、「キーチェーン」関係の問い合わせが出ますので、パスワード変更後にiMac端末にログインする際の注意点をご覧になり対応して下さい。