初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

ITC-LMS の動作を学生視点で確認できないか? (教員)

FAQ: よくある質問 (ITC-LMS)


更新: 2015年09月16日
作成: 2014年03月18日

教職員のアカウント (ECCS と学務システムいずれも) については、通常のユーザ名の後ろに “-learner” をつけた特別な動作確認用アカウントで ITC-LMS を利用することができます。

※ ITC-LMS 専用の特別なアカウントであるため、他のシステムやサービスでは使えません。ECCS におけるシングルサインオンの対象にもなりません。

※ -learner アカウントは、申込不要でご利用可能ですが、初期状態ではどのコースにも参加登録されていません。必要に応じて各コースへ参加者登録してください。


-learner アカウントのコース参加者登録

コース編集メニュー > コース参加者登録 の「学生検索」で、自身のアカウント(ユーザ名)を検索すると [ユーザ名]-learner がヒットするので、履修者としてコースへ追加登録してください。

 (参考)ITC-LMS のコースに教員・学生を追加したい(教員)  

-learner アカウントでのログイン(履修者としてのコース参照)

  1. 既に ITC-LMS にログインしている場合は、一度をログアウトして、ログイン画面に戻ってください。
  2. ユーザ名の後ろに “-learner” を付け加えたものをユーザ名欄に入力してログインしてください。
  3. 例えば、普段使っているアカウントが “lms” というユーザ名であれば “lms-learner” と入力します。パスワードは元のアカウントと同じです。  

ITC-LMS の機能テスト

ユーザグループ機能を併用することにより、開講中のコース上で、一般の学生(履修者)には見えない様に各機能のテスト/確認を行うことも可能です。

  1. コース編集メニュー > コース参加者登録 で、 -learner アカウントを履修者権限でコースへ追加登録します。
  2. コース編集メニュー > ユーザグループ登録 で、-learner アカウントだけが登録されたグループを新規に作成します。
  3. テスト用のコンテンツ(お知らせ、課題、テスト等)を、公開対象に上記 2. のグループのみを指定した状態で登録します。
  4. ログアウトし、-learner アカウントで再ログイン することにより、テスト用コンテンツを学生視点で参照・確認できます。