初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

UT-mate 履修者名簿を使って ITC-LMS のコース参加者登録を行いたい(教員)

FAQ: よくある質問 (ITC-LMS)


更新: 2015年03月30日
作成: 2014年03月27日

以下の手順に従い ITC-LMS 用のフォーマット(Excel 形式)に編集してください.

UT-mate の履修者名簿出力から得られる CSV 形式のデータは以下のような項目で構成されています。 例)

"No.","所属","学籍番号","氏名","カナ","学年","学生身分","共通ID","学部研究科名"
"1","教養学部地域文化研究学","08111111","駒 場 明 人","コマバ メイト","4","学部学生(後期課程)","000000009999999999","教養学部"
"1","教養学部地域文化研究学","08111112","駒 場 華 子","コマバ ハナコ","4","学部学生(後期課程)","000000007777777777","教養学部"
このうち、ITC-LMS ではユーザ ID である「共通 ID」の下 10 桁の情報を使い

ユーザID権限時間割コード

の形式に変換します。

変換先のフォーマットは、コース管理画面にある「フォーマットダウンロード」でダウンロードしてください。
(ITC-LMS 教員向けマニュアル「8.13. コース参加者登録」参照)

上記の例で時間割コード0888888のコースに権限「履修者」で登録する場合は以下の様にします。

ユーザID権限時間割コード
9999999999履修者0888888
7777777777履修者0888888