空席状況 | English

IPP印刷の設定方法 - Mac -

FAQ: よくある質問


更新: 2019年04月19日
作成: 2016年03月03日

macOS Mojave (10.14) では,IPP 印刷ができないことが明らかになっています.印刷したいファイルを ECCS 端末にコピーして,端末から印刷するなどの方法で回避してください.利用者の皆様にはご迷惑をお掛けして申し訳有りません.(参考: 広報「MacOS Mojave 環境から IPP 印刷ができない不具合について」) (2019年4月19日更新)


ECCS2016 では,学内ネットワークに接続した個人や研究室等のPC等から, IPP (Internet Printing Protocol の略) 印刷用プリントサーバ printer.ecc.u-tokyo.ac.jp に印刷ジョブを送ることで,ECCS の複合機 (RICOH MP C4503) から印刷することが可能です.

以下では Mac OS X El Capitan (10.11) 環境での設定方法をご説明します.なお,IPP 印刷の設定を行うとユーザ名とパスワードがお使いの Mac 上に参照可能な形式で保存されます.当該 Mac の管理者ユーザしか参照できませんが,お使いの環境によっては望ましい状況ではありません.たとえば,複数の管理者でお使いの Mac では IPP の設定をしない方が良いでしょう.

1. プリンタドライバのダウンロード

2. 既存プリンタの削除

3. IPP印刷用のPPDファイルのインストール

4. プリンタの追加

補足情報