初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

【ECCSクラウドメール】「安全性の低いアプリ」でECCSクラウドメールを利用したい

FAQ: よくある質問


更新: 2017年10月12日
作成: 2016年07月27日

制限緩和について

2017年5月より、安全性の低いアプリからのアクセス制限について緩和する措置を行っております。詳細は以下の広報をご参照ください。

概要

比較的古いメーラは Google によって「https://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2016/07/27_2272.html」とみなされ,ECCS クラウドメール用のメールアドレスとパスワードを設定しても,ECCS クラウドメールを利用することができません.

対処方法

安全性の低いアプリとみなされる古いメーラのために,専用のアプリパスワードを設定する必要があります.

まず,Gmail のヘルプ「2 段階認証プロセスを有効にする (support.google.com)」に書かれている方法を用いて,ECCS クラウドメールのパスワード以外でも認証できるように設定してください.

更に Gmail のヘルプ「アプリパスワードでログイン (support.google.com)」に書かれている方法で専用のアプリパスワードを生成して下さい.

生成したアプリパスワードとECCSクラウドメールのメールアドレスを用いて,お使いのメーラの設定を行って下さい.参考のため,IMAP/POP/SMTP サーバのホスト名のみ以下に示しますが,Google 社の都合で変更される場合があります.最新の情報は Gmail のヘルプ (support.google.com) を参照して下さい.

プロトコルホスト名備考
IMAPimap.gmail.comメーラによって「受信用メールサーバ」などと説明される場合有り
POPpop.gmail.comメーラによって「受信用メールサーバ」などと説明される場合有り
SMTPsmtp.gmail.comメーラによって「送信用メールサーバ」などと説明される場合有り

注意事項