初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

ユーザ情報発信用WWWサーバのHTTPS化について

カテゴリ別一覧


作成: 2017年09月22日

情報基盤センターでユーザ情報発信用WWWサーバ でユーザによるWWWを用いた情報発信の実験的なサービスをおこなっています.

従来,ブラウザからのユーザ情報発信用WWWサーバへのアクセスは,暗号化されていないHTTPを用いており,ユーザ情報発信用WWWサーバ上のページへのアクセスは,http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/... のようなURLで行っていました.しかし,暗号化されていない HTTP を用いた通信に関する警告を出すブラウザの出現が予定されるするなど,通信の安全性への対応が必要となってきたため,2017年9月22日より,TLSで暗号化された HTTPS を用いたアクセスのURL https://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/... でアクセスするように変更しました.

なお,2018年8月までは,暗号化されていないHTTPでのページ参照はHTTPSのページにリダイレクト(301リダイレクト)して,古いURLでアクセスしても見ることはできますが,これは経過的な措置なので,リンク先を http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/users/user-XXXXX のように書いてあるページがある場合は,https://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/users/user-XXXXX のように書き換えることをお勧めします.