初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

継続利用の手続き(ECCS限定アカウント)

申請に関して


更新: 2017年03月22日
作成: 2016年03月29日

目次

はじめにご確認ください

こちらはECCS限定アカウントで教育用計算機システム(ECCS)をご利用の教職員等の方への広報です。
UTokyo Account(ユーザ名が共通ID)でECCSをご利用の教職員等の方は以下をご覧ください。

UTokyo Accountをご利用の教職員の方

UTokyo Account(ユーザ名が共通ID)でECCSをご利用の教職員等の方は以下の広報をご覧ください。

ECCS限定アカウントの注意事項

ECCS限定アカウントはUTokyo Accountをお持ちでない方にECCS利用権のみを提供するアカウントです。

継続利用の手続き

当該年度にECCS限定アカウントを持ち、翌年度も東京大学に引き続き在籍する教職員等の方は、継続利用の手続きによりECCSを継続して利用することができます。

申請方法

申請方法はECCS代理申請機能利用手順書をご覧ください.

  1. 情報基盤センター(以下「センター」という)から利用者への継続利用手続きに関するメールの送信
  2. 申請者(UTokyo Accountをお持ちの常勤教職員(除く特定有期雇用教職員))が代理で申請するよう依頼
  3. 申請者が、申請者のUTokyo Accountで、UTokyo Accountの申請メニュー (utacm.adm.u-tokyo.ac.jp)で継続利用の申請を行う
  4. 申請後、東京大学が発行した利用者ご本人の身分証の写しを、情報基盤センターに学内便で送付
  5. 学内便の宛先は「情報基盤センター 教育用計算機システム担当」としてください。
  6. 申請ならびに身分証の写しを受理してから1週間以内にセンターで継続の承認を行う
  7. 申請者が、申請者のUTokyo Accountで、UTokyo Accountの申請メニュー (utacm.adm.u-tokyo.ac.jp)からセンターが利用を承認したか否かを確認

注意事項

1. 継続利用の手続きを忘れてしまった場合

ECCS継続利用申請書の提出期限(3月31日)までに継続利用の手続きを完了しないと、4月1日よりECCSのすべてのサービスが利用できなくなります。情報基盤センター教育用計算機システム担当(内線 23004)までご連絡ください。

2. 当該年度3月以降にECCS限定アカウントの新規申請をされた利用者に関する特例

継続利用申請は、当該年度2月末日時点でECCS限定アカウントをお持ちの教職員の方を対象に実施いたします。
当該年度の3月1日から3月31日の期間にECCS限定アカウントの新規申請をなされた利用者の方は、翌年度に関しては継続手続きが不要となります。

3. 学生・院生・研究生から教職員・研究員等に変わった場合

本学の学生から教職員として本学に採用された場合、学生時に使用していたUTokyo Accountはご利用できなくなります。教職員として新規申請をお願いします。

4. 継続利用を希望しない場合

継続手続きは必要ありません。ECCS継続利用申請書の提出期限(3月31日)以降にECCS利用権が失効します。
ECCS有効期限日より前に停止を希望する場合は、申請メニューからECCS利用権停止申請をお願いします。

5. 通知方法の変更

継続利用の手続きに関するお知らせは、2017年度の継続利用(2016年度末日までの申請)より、書面による通知は廃止し、ECCSのメールアドレス(ECCS教職員メール、ECCSクラウドメール)ならびに人事システムに登録のメールアドレス宛に、メールのみの通知としました。

6. 学外からの申請方法

申請メニューは学内ネットワークからしかアクセスできません。
学外ネットワークから申請を行うには、認証GWサービス (u-tokyo.ac.jp)を使う必要が有ります。詳しくは、広報「学外ネットワークから教職員の継続利用申請や新規利用申請ができない」をお読み下さい。

7. 申請書に表示される ECCS有効期限日について

申請メニューの「ECCS継続利用申請書」に「ECCS有効期限日」として表示されているのは、申請時点での有効期限日です。 (例: 平成28年3月に継続利用の申請時表示される「ECCS有効期限日」は、20170331000000Z と表示されます)
承認については、センターから個別に連絡することはありません。申請後の状況を確認する方法については、上記の「3. 1週間以内にセンターで継続の承認を行う」をご覧ください。
承認後ならびに現在のECCS有効期限日を確認したい場合は、利用者メニューの「ECCSアカウント固有情報編集」に進むことで有効期限日が表示されます。