空席状況 | English

メールサーバの移行

広報


更新: 2004年03月01日
作成: 2004年01月25日

「新システムの詳細」でお伝えしているように,2004年3月1日より新しい教育用計算機システムが稼働し,現行の教育用計算機システムは停止します.

現行システムにメールアカウントがあるユーザの方々,つまり????@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp というメールアドレスをお使いの方は,引き続き,同じメールアドレスで新システムのメールサーバをご利用になれます.以下では,教育用計算機システムのメールサーバの移行作業の日程と,それに伴うユーザの皆様へのお願いに関してお伝えします.


  1. 作業日程
  2. 新旧メールサーバの利用
  3. メールボックスの移動
  4. その他

1.作業日程

2月20日
駒場情報教育北棟端末と本郷情報基盤センター端末の利用最終日.2月20日19:00から3月1日9:00迄は,教育用計算機システムの端末は利用できません.メールサーバは2月28日9:00までそのまま利用できます.
2月28日(土)9:00
現行システムのメールサーバの停止.以降,新システムのメールサーバが稼働するまでの約9時間の間,メールの読み書きは出来ません.この間に届いたメールは新システムのメールサーバに配送されます.
2月28日(土)18:00
新システムのメールサーバの稼働開始.メールドメイン@mail.ecc.u-tokyo.ac.jpのメールサーバとして,新システムのメールサーバを運用します.利用方法の詳細は「2.1.新メールサーバの利用」をご覧下さい.
2月28日(土)20:00
現行システムのメールサーバの再稼働.現行システムのメールサーバは,サーバに残ったメールを読むためだけのサーバとしてしばらく運用します.詳しくは,「2.2.旧メールサーバの利用」をご覧下さい.IMAP(S)でメールを読んでいるユーザの方々は,サーバ上のメールを新メールサーバに移して頂く必要があります.詳しくは「3.メールボックスの移動」をご覧下さい.
3月1日9:00
新システム利用開始.
9月頃
現行システムのメールサーバの停止.それまでにサーバ上のメールを新メールサーバに移したり,ご自分のPCに移したりするなどの作業をしておいてください.

2.新旧メールサーバの利用

次期システム(新システム)のメールサーバと現行システム(旧システム)のメールサーバの各々を利用する方法について,以下では説明します.尚,新システムの標準端末であるiMacのメールクライアントMailでは,ユーザの方々が特に何もしなくても両メールサーバを利用できるように,センターが設定しておく予定です.

2.1.新メールサーバの利用

新メールサーバでは,送信メールサーバと受信メールサーバをそれぞれ設定する必要があります.また,メールサーバを利用するためのユーザ名も変わります.メールアドレスは変わりません.以下に設定をまとめておきます.

表1: 新メールサーバの設定
設定項目備考
受信メールサーバ(POPの場合)pop.ecc.u-tokyo.ac.jp
受信メールサーバ(IMAPの場合)imap.ecc.u-tokyo.ac.jp
送信メールサーバsmtp.ecc.u-tokyo.ac.jp
ユーザ名????????@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp教育用計算機システムのメールアドレス
パスワード**********システムのパスワード

※POPの場合も,IMAPの場合も,SSLを使って下さい.

新システムのアカウントのパスワードは,センター側で任意に設定します.このパスワードを知る方法については,「新システムのアカウント」をご覧下さい.

2.2.現行メールサーバ(旧メールサーバ)の利用

現行メールサーバは,新メールサーバの稼働後は,IMAPでメールを読んでいたユーザのメールや,ユーザの方々が最後にメールをお読みになってからメールサーバが停止するまでに届いたメールなどを,読んで頂くためにしばらくの間(2004年3月から約半年程度の予定)だけ運用します.

ホスト名は,old-mail.ecc.u-tokyo.ac.jpとして,新たなメールの受信や,メールの送信は行いません.以下に2月28日以降に現行メールサーバ(旧メールサーバ)を利用するための設定をまとめます.

表2: 現行メールサーバ(旧メールサーバ)の設定
@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp は不要です
設定項目備考
受信メールサーバold-mail.ecc.u-tokyo.ac.jpPOP, IMAPとも
送信メールサーバ×メールの送信は出来ません
ユーザ名????????現行の教育用計算機システムのユーザ名
パスワード********システムのパスワード

3.メールボックスの移動

IMAPでメールを読んでいたユーザの方々のメールは,ユーザ自身で新メールサーバに移動してください.以下に主なメールクライアントでのメールボックスのコピー(移動)方法をまとめておきます.いずれの場合も予め「2.1.新メールサーバの利用」「2.2.旧メールサーバの利用」に従って,新旧両メールサーバのメールを読める状態にしておいてください.

3.1.Mail

Mailは,次期システムの標準端末であるiMacにインストールされているメールクライアントです.旧メールサーバのメールボックスのコピーには,メールボックスを表すアイコンをドラッグして,新メールサーバを表すアイコンの上にドロップするだけです.

3.2.Mozilla

メールボックスごとコピー/移動することは出来ません.旧メールサーバで移したいメールを選択してマウスでドラッグし,新メールサーバ自体を示すアイコン,或は新メールサーバ上のメールボックスを示すアイコンの上にドロップしてください.

3.3.Outlook Express

メールボックスごとコピー/移動することは出来ません.旧メールサーバで移したいメールを選択してマウスでドラッグし,新メールサーバ自体を示すアイコン,或は新メールサーバ上のメールボックスを示すアイコンの上にドロップしてください.

4.その他

メールの転送先の設定情報(参考: 現在のメールサーバの転送先設定インタフェース)は,新メールサーバには引き継がれません.メールサーバの移行後,各ユーザで設定して頂く必要があります.設定方法については近日中にお知らせします.

新システムへの移行後も当分の間,現行のメールサーバのメールを読むための Web Mail サーバ (URL https://old-wm.ecc.u-tokyo.ac.jp/) を運用する予定です.
Web Mail の各種設定(振り分け,署名など)は,現行システムのメールサーバの停止時(2月28日09:00)の内容をもって,新 Web Mail サーバ(URL https://wm.ecc.u-tokyo.ac.jp/)に引き継ぎます。
※新システムへの移行後に https://old-wm.ecc.u-tokyo.ac.jp/ で変更された設定については引き継がれませんのでご注意ください.