Top > 広報

次期教育用計算機システム(ECCS2012)について

広報

更新: 2012年02月15日
作成: 2011年10月03日

9月30日に開札がおこなわれ日本電気株式会社(NEC)が落札した.

端末

  • 21.5インチ Apple iMac(1321台)
  • Mac OS X 10.7とMicrosoft Windows 7の両方が動作
  • Intel Core i5 2.5GHz クワッドコア
  • メモリ4GB
  • ハードディスク500GB
  • DVD±R DL, DVD±RW, CD-RW対応光学ドライブ
  • 1920 x 1080ドット 21.5インチ
  • Happy Hacking Keyboard Lite2 for Mac日本語配列
  • 縦横スクロール可能な3ボタンレーザー式マウス(エレコム M-LS6ULSV)

現システムとの相違

  • 端末の一本化と台数減少(1362台->1321台)
    • 現システムは標準端末(1176台)とCAD端末(186台)の二本立て
    • 端末一本化により演習室の有効活用が可能に
  • ハードディスクからのOS起動
    • 起動の高速化
    • OSのアップデート等は専用ソフト Kaseya での集中管理
    • 現システムと同程度(月1回程度)の頻度でのアップデートを予定
  • CPU速度はコア単体で向上(Core2 Duo 2.0GHz(iMac端末), 2.4GHz(CAD端末) -> Core i5 2.5GHz), コア数は2倍(2 -> 4)
  • メモリは倍増(2GB -> 4GB)
  • 画面サイズが20インチ(1680 x 1050ドット)から21.5インチ(1920 x 1080ドット)に

ソフトウェア

  • プログラミング言語環境
    • C/C++言語, Java言語, Ruby言語がMac, Windows環境で利用可能.Fortran言語がMac環境で利用可能
  • 統計処理ソフトウェア
    • JMPがWindows,Mac環境で利用可能予定
  • 数式処理ソフトウェア
    • MathematicaがMac, Windows環境で利用可能
  • CADソフトウェア
    • AutoCAD Inventor, 3ds max がWindows環境で利用可能予定
  • オフィスアプリケーション
    • MS-OfficeがWindows,Mac環境で利用可能予定
  • ウイルス対策ソフト
    • Sophos Anti-VirusがWindows, Mac環境で利用可能
  • Unixフリーソフト
    • Mac環境で,可能な限り現状と同様のUnixフリーソフトを提供
  • 部局負担による導入ソフト
    • 現状,部局負担によって導入しているMATLAB, TSP, OxMetrix, Stataに関しては今後相談.

現システムとの相違

  • SASの利用者が少ないため導入しない.
  • Photoshop Elementsも導入しない.gimp等のフリーソフトで代用する.
  • MS-Office, プログラミング言語等はWindows環境にも用意する
  • Mac環境でもウイルス対策ソフトを導入する.

プリンタ

  • フルカラーデジタル複合機(富士ゼロックス ApeosPort-IV C4470 PFS) 28台
  • スキャナー,コピー機の機能
  • A3, A4用紙利用可能
  • 印刷速度は現在の主力機(IPSiO CX3500)の2倍以上
  • プリペイドカードおよび電子マネー(Suica及びPASMOが利用可能)に対応した課金
  • USBメモリのPDF, TIFF, JPEG, Word, Excel, PowerPointファイルを印刷可能
  • 研究室や自宅のPCからも,システム内の複合機に出力可能
  • オンデマンドネットプリントサービスを利用して,端末からセブンイレブン店舗設置のプリンタへも出力可能

現システムとの相違

  • 利用の少ないプリンタは廃止(41台->28台)
  • 全台をA3での印刷可能な複合機に
    • 現状はA3で印刷可能なのは5台のみ
  • プリペイドカード方式は継続
    • プリペイドカードは生協設置のコピー機と共通化
    • 現在のプリペイドカード(Ricoh社製)は次期システムでは利用不可に
  • ポストペイ方式は利用者が少ないため廃止

リモートアクセスシステム

  • システム外部からMac OS XのGUI環境を利用するためのシステムを導入
    • 同時30人利用可能.
    • VNCを使うので,Mac OS X以外のPCからの利用も可能
  • Windowsに関してはライセンスの関係でリモートアクセス環境は導入しない.

現システムとの相違

  • 現システムではsshで入るだけのUnixサーバ3台(ただし,現在は節電のため1台だけ稼働)のみ

ファイル転送サーバ

  • システム外部からWebDAVにより,システムのホームディレクトリにアクセスするためのサーバ
  • ソフトウェアはNorth Grid Proself Enterprise Edition
    • 同時に400人が利用可能

現システムとの相違

  • 現システムではUnixサーバにscp等でアクセスする必要があった.

ファイルサーバ

  • EMC Symmetrix VMAX(駒場),VNX5700(本郷)
  • 総容量60TBで現システムの約1.5倍
    • ユーザのホームディレクトリ容量制限も現システム(学生2.5GB, 教員 6GB)と同程度を予定
  • スナップショットの活用
    • 誤って削除したファイルを,ユーザ操作によりスナップショットから復元可能
  • SSD/FC/SATAを併用
    • 高速化と低消費電力化の期待
  • 本郷,駒場での冗長構成
    • 障害や災害時のリカバリが可能

現システムとの相違

  • 現システムではMac環境とWindows環境のホームディレクトリを共有しているが,次期システムでは分離する.互いの環境のホームディレクトリはファイル転送サーバ経由で読み書き可能(以前は「ただし,互いの環境のホームディレクトリは読み取り専用で参照できるようにする.」と広報していましたが変更になりました).

メールシステム

  • DEEPSoft MailSuite(現システムと同じ)
  • メールホスティングと一体で,2012年9月から稼働(それまでは現システムのメールシステム)

現システムとの相違

  • メールホスティングに関しては,Mailhosting-MとMailhosting-Dの2種類のシステムから一本化する.
  • メールホスティングのメーリングリスト機能はMailmanからMailSuiteに移行(自身のドメインで運用可能)

ネットワークデバイス

  • 基幹スイッチは Brocade MLXe-4, TurboIron 24X
  • エッジスイッチは NEC QX-S5250P
  • Palo Alto Networks PA-5020を用いたNATによるインターネット接続

現システムとの相違

  • 基幹スイッチ間の通信をすべて 10Gbps 化

その他

  • シングルサインオンにより,端末にログインすると教育用計算機システムと連携したWebサービス(MailSuite, CFIVE等)での認証を不要にする仕組みの導入
  • 各種サーバを仮想化し,耐故障性を向上

教材提示装置

  • 今回の調達外
  • 来年度の置き換えを予定

現システムからの移行スケジュール

  • 端末系
    • 2012年2月から順次現端末の撤去
    • 2012年3月1日に試験運用開始
    • 2012年4月に本運用開始
  • ファイルサーバ
    • 旧ファイルサーバから新ファイルサーバにデータを移動
    • コピーのため,1週間程度は旧ファイルサーバも新ファイルサーバも 使えない状態になる.
    • ホームディレクトリ以下をそのまま移行するか,別ディレクトリに見えるようにするかは未定
  • メールサーバ
    • 移行は2012年8月末,新システムの稼働は9月1日
    • 旧メールサーバから新メールサーバにデータを移動
    • コピーのためのダウン時間はなるべく少なくするよう努力する.

端末,プリンタ設置案

設置場所端末プリンタ
情報教育棟1F自習室 1243
情報教育棟2F大演習室1 1651
情報教育棟2F大演習室3 1081
情報教育棟2F小演習室1 21
情報教育棟3F大演習室2 1351
情報教育棟3F中演習室3 92
情報教育棟3F小演習室2 21
情報教育棟3F B館ホール 1
情報教育棟4F中演習室1 66
情報教育棟4F中演習室2 58
情報教育棟4F A館ホール 1
情報基盤センター1F自習室 111
情報基盤センター1F大演習室1 87
情報基盤センター1F大演習室2 41
駒場図書館 583
総合図書館2階 513
総合図書館3階 182
留学生センター 2
法文1号館1F-学生ホール 101
工学部6号館2F-200 131
法文2号館1F-文学部学生ホール 161
法文1号館1F-111 281
理学部1号館3F-317 20
農学部農7B-1F-133 281
農学部生命科学図書館3F 16
経済学部経済-1F-101 281
経済学部経済-4F-407 311
教育学部教育2F-261 51
薬学部薬図-4F-情処室 111
福武ホールB1F 211
医学図書館 5
柏図書館1F 121
業務用 19
132128

東京大学情報基盤センター/情報メディア教育部門/教育用計算機システム
ecc-support [at] ecc.u-tokyo.ac.jp