初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

講義用WWWサーバの更新 (2019年2月予定) について

広報


作成: 2018年10月30日

目次

概要

情報基盤センター(以下「本センター」という)では,教育用計算機システム(以下「ECCS」という)のアカウントを持ち,ご担当の講義の教材などをウェブサーバ上に置きたい教員ユーザ向けに,講義用WWWサーバ https://lecture.ecc.u-tokyo.ac.jp/ (以下「本サーバ」という)を運用しています.

2019年2月に本サーバが動作するハードウェアの運用期間が終了するため,新たに用意したパブリッククラウド (Microsoft Azure) 上に本サーバを移します.サーバ移行にあたり,OSのバージョンアップや運用方法の一部変更等の更新作業を実施することと致しました.本サーバを利用する教員ユーザの皆様には,以下の説明をお読みの上で,必要な作業を行って頂くようお願いします.

主な変更点

現サーバでの公開鍵認証の設定のお願い

SSH の公開鍵認証には,各ユーザが日頃お使いの PC 等の上で生成した公開鍵を,講義用WWWサーバ上の所定のファイル (各自のホームディレクトリ/.ssh/authorized_keys) として保存して頂く必要があります.

更新作業では,本センターが現サーバ上にあるユーザのファイルを全て新サーバに移すため,現サーバで公開鍵認証の設定をしておけば,新サーバを速やかにご利用いただけます.本サーバをご利用の教員ユーザの皆様には,2019年2月の現サーバの運用停止までに公開鍵認証の設定をして頂くようお願いします.

更新日程(案)

よくある質問