空席状況 | English

端末

教育用計算機システムについて


教育用計算機システムでは,端末としてiMacとMac miniを設置しています.

端末起動時にOSを macOS とWindowsから選択することが可能です.

端末について

情報処理教育及びプログラミング教育用,また通常の学生がWWWを見たりメールを読んだりするために用いる端末です.端末には,USB ポート経由で各種のドライブを接続することができます (USBポートはiMac / Mac mini本体の後ろ側にありますが,予め接続されている延長ケーブルをご利用下さい).詳しいスペックは以下の通りです.

注意事項

端末の配置

教育用計算機システムの端末は,本郷キャンパス浅野地区の情報基盤センター(※1)と,駒場第一キャンパス情報教育棟のほか,福武ホール,総合図書館や駒場図書館,柏図書館,そして一部の学部や学科に設置しています.

※1 情報基盤センター本館で耐震工事が実施されるため,2021年度は情報基盤センターの大演習室1,大演習室2,自習室は利用できません.詳しくは,広報「耐震工事中の情報基盤センター大演習室代替施設について」をご覧ください.

キャンパス各所に配置された端末の台数等については,利用の手引きの16.1 端末の配置 をご覧ください.但し,2021年3月現在,センターが更新作業中で,まだ 旧教育用計算機システム(ECCS2016)の情報が記載されています.当面は広報「次期教育用計算機システム(ECCS2021)について (ecc.u-tokyo.ac.jp)」の「端末,プリンタ設置 (センター耐震工事期間中)」を参考にして下さい.