初めての方へ | サイトマップ | 空席状況 | ML | English

ECCSクラウドメール利用方法 - 初期設定等 -

広報


更新: 2018年04月10日
作成: 2016年04月01日

目次

概要

ECCS クラウドメールについて,利用開始時に必要な初期設定及び通常の利用方法について簡単に説明します.

初期設定 - 最初の利用開始時に必要な事前作業 -

ECCSクラウドメールの利用開始に当たっては,UTokyo Account とは異なる専用のパスワードを各自で設定する必要が有ります.また,ECCSクラウドメールのメールアドレスのローカルパート(@から前の部分)を各自で設定可能です.

いずれもUTokyo Account 利用者メニュー (utacm.adm.u-tokyo.ac.jp) にログインした上で,以下の手順で設定してください.

  1. 「ECCSクラウドメール(姓名・パスワード変更)」のメニューからパスワードを設定してください.
    • 利用者メニューの左上にある「ユーザーパスワード変更」のリンクは UTokyo Account 自体のパスワード変更で,ECCSクラウドメールのパスワードを変更することはできません.
    • Gmail などに表示される「姓名」も設定可能です.
  2. 「ECCSクラウドメール」のメニューからメールアドレスを確認して,必要に応じて変更して下さい.
    • ローカルパート (@から前の部分) を各自で変更可能です
    • ドメインは @g.ecc.u-tokyo.ac.jp です.
    • ー度変更したメールアドレスは,変更後30日間は再度変更することはできません.
  3. 変更後のパスワード,姓名,メールアドレスが Google のシステムに反映されるのをお待ち下さい.
    • 反映処理は,毎時0分から順次行います.
    • 従って,変更後のパスワード,姓名,メールアドレスで利用可能になるには,最長1時間程度かかります.

詳しい設定方法は,はいぱーワークブック 11.2 ECCS クラウドメールの初期設定 (hwb.ecc.u-tokyo.ac.jp)をお読み下さい.

通常の利用 - 事前作業が完了している場合の利用手順,注意点 -

参考資料